ヒクレオ 海野翔太

イギリスで海野がデスライダー炸裂!海野vsヒクレオが日本でやらないなんてズルい。

海野選手がイギリスマットで暴れている。

海外遠征行く直前からヤングライオンのしての領域からは上に行っている印象があった。

NJCで棚橋選手と試合。

大阪城ホールでジョン・モクスリーと第1試合。

その後モクスリー選手とG1 Climaxを帯同。

と早くも次世代のエース候補として匂いがプンプンしていうわけである。

そんな海野選手だが、海外でのリングネームではSHOTA UMINOでバンバンシングルマッチをやっているのだ。

British J-Cup視聴できるけど、海野のデスライダーはカット?

海野選手の話に行く前に一つ批判をさせてほしい。

新日本プロレスワールドが盛大にやらかしている。

基本的に批判することは疲れるのでやらないし好きではないんだけど、今回ばかりは言わせてほしい。

British J-Cupを試合ごとにチャプター分けしたの?フルバージョンで流さないの?

RPWとの権利の問題だろうか?それにしても、あのシーンをカットするなんてデメリットしかない。頭が弱いとしか言えないわけだ。

で、カットされてしまったシーンを紹介したいと思う。

 

事件はファンタズモvsセンザ戦後に起こったのだ。

ヒクレオ選手の反則介入で勝利したファンタズモ選手。勝利後もセンザ選手に攻撃。良い顔したヒクレオ選手。

 

そこに銃???

 

UMINO???

 

ヒクレオ選手もちょっと動揺の様子。

 

Shooter!!!!

 

がしかし、あっさり返り討ちにあう...

 

でもでも、最後はデスライダー(モクスリー選手のフィニッシュムーブ)でヒクレオ選手をノックアウト

 

下のツイートでも書いたが、Shooterとなっているため、海野選手の凱旋時にはBulletClubの新メンバー??ってならないように気を付けたい。

 

こんな重要なシーンをカットされてしまっているのだ。

海野選手は次世代のエース候補だったはずなのにカットされてしまうなんて悲しすぎる。

権利関係か分からないが、RPW的にもこれを機にRPWオンデマンド配信を登録したり動画を買ったりしてもらえると思うだが...

もう少し細部にこだわって仕事をしてほしいと思ったわけである。

とはいえ、RPWは新日本プロレスファンならばチェックはしなければならないということが分かっただろう。

受け身では情報を逃してしまう。

12月15日にヒクレオvs海野

ヒクレオ選手と海野選手の因縁から12月15日に試合がされたのだ。

 

ちなみにこの興行には鈴木ザック組vsEVILSANADA組の試合も行われている。

まだ12月15日の試合はRPWのオンデマンド配信されていない。通常通りであれば試合後1週間で放送されるだろう。

 

12/21以降新日本プロレスが足りないなと思う人にはぜひRPWでイギリスの試合を見てはどうだろうか?

RPWではオンデマンド配信(新日本プロレスワールドのRPW版)がサービス展開されている。

過去のザック選手やオスプレイ選手の試合はもちろんのこと、ロスインゴ勢のイギリス遠征鈴木選手、柴田選手、石井選手の試合も観ることが出来る。

月額は8.5ドル(大体1000円)ぐらいで過去の試合も見放題と特定の試合の買い切りがある。

断然見放題の方がお得なので一度観てみることをオススメしたい。

私も先月加入したばかりだが、新日本プロレスに上がったことない選手で好きな選手も出てきた。そのくらい試合は濃いぞ。

 

余談だが、クレジットカードでオンデマンド登録したら一発でカードが止められたので注意が必要だ。

なんでもイギリスに渡航してないのにイギリスで買い物が発生したからとのことである。さすがクレジットカードのセキュリティはスゴイ。

Copyright© NJPW makes life , 2020 All Rights Reserved.