クリス・ジェリコ 棚橋弘至

やっぱりエース棚橋は持っていた。イッテンゴまで待てないvsジェリコ戦

イッテンヨン・イッテンゴの史上初の東京ドームまであと残すところわずかである。

やはり目玉は

IWGPヘビーとインターコンチの2冠

獣神サンダーの引退試合

だろう。

もちろんその他のカードも強いカードあることは間違いない。

その中でも棚橋弘至vsクリスジェリコのスペシャルシングルマッチだけは、特別な存在感を放っている。

1分間煽りPVの再生数は棚橋vsジェリコがトップ

イッテンヨン・イッテンゴに向けて12/14に一斉に1分間煽りPVが公開されたのをご存知だろうか?

公開されたPVは、

  • IWGPヘビー:オカダvs飯伏
  • インターコンチ:ジェイvs内藤
  • IWGPジュニア:オスプレイvs高橋ヒロム
  • ライガー引退
  • 棚橋vsジェリコ

である。

それぞれの12/18時点での再生数を観てみると面白い結果が分かったのだ。

オカダvs飯伏のIWGPヘビー級選手権試合は20,000回再生であり、

 

ジャイvs内藤のインターコンチ選手権試合は30,000回再生である。

 

そんな中、棚橋vsジェリコのスペシャルシングルマッチはなんと

32,000回再生とトップなのである。

 

正直、ジェイvs内藤のインターコンチが再生数が多いなと予想していただけにこの結果を見て驚いている。

スーパースタージェリコボーナスがあったとはいえ、このタイトルマッチよりも再生数が上に来ていることは棚橋選手への期待値の表れだろう。

棚橋選手の東京ドーム入場シーンやハイフライフローのシーンを公開するなど現チャンピオンのオカダ・カズチカと同じ待遇で動画をアップしていることから、

まだまだ棚橋選手がトップ戦線にカムバックするための力はあると新日本プロレスは判断しているのではないか。

 

最後に2019年のメインイベント時のエントランス動画を張っておくので、ぜひとも見てほしい。

入場時に既に棚橋選手の目が...

Road to Tokyodomeにジェリコさん来るよね?

肝心なジェリコさんはRoad to Tokyodomeの3連戦に現れるのだろうか?

これについて考えをまとめてみたので書いていきたいと思う。

 

12.21のメインイベントはイッテンヨンのメイン、後楽園ホールのラストライガーがあるため、ジェリコさんの乱入は考えにくい。

 

12.20は第6試合で登場するが、飯伏・ジャイと意味を持ちにくく、棚橋選手が勝ち名のりならばジェリコチャンスである。

ただ当日はコンクルソが行われるのでこれ以上イベントを詰め込むことはないと予想している。

ジェリコさんからしたら知ったこっちゃないが...

 

12.19は第5試合で登場するが、飯伏・内藤とイッテンゴで一番ないカードのため、ここが一番のジェリコチャンスだと考えている。

 

今年のイッテンヨンで内藤vsジェリコはお互い動画合戦で前哨戦を楽しませてくれたが、現時点では棚橋選手は仕掛けられてばかりであり、そろそろ反撃も観てみたい。

後楽園ホール3連戦にジェリコが登場しなくとも、棚橋弘至からジェリコさんに何かしらのアクションが欲しいと私は希望する。

Copyright© NJPW makes life , 2020 All Rights Reserved.