KENTA

KENTAのBulletClub行きが最高にWin-Winな理由

投稿日:

何かが起こるG1 Climax最終日。

過去には、

Timebombの始動

柴田選手の「生きてます、以上」

とサプライズが多くあった。

でも、ここまでショッキングな出来事はなかったのではないか?

KENTAがBulletClubへ電撃加入

本隊?新ユニット?それともG1だけのスポット参戦?

いろいろな憶測があったが多くは予想を外したのだった。

事前にタマ・トンガ選手から「新しいメンバーの加入が決まった」とツイートがあったが、まさかKENTA選手とは。。。

 

Twitter上での情報を整理すると、

元々KENTA選手とプリンス・デイビット(BulletClubの創始者)が繋がりがあった。

邪道さんとの仲が良い。

などあったとのことだ。

では、なぜBulletClubなのか?

私なりに考えたのでぜひ読んで欲しい。

KENTA選手のSNSフォロワー数とフォロワーの質

実はKENTA選手のフォロワー数フォロワーの質はBulletClubからすると魅力的なのだ。

KENTA選手は約18万で現在のBulletClubの中、いや新日本プロレスでいうとトップの数値である。

ジェイ・ホワイト:5.7万人

バットラック・ファレ:8.6万人

邪道:7.1万人

KENTA:17.8万人

そう桁が1つ違うのだ。

実は新日本プロレスでTwitterのフォロワー数は、

棚橋弘至:34.4万人

オカダ・カズチカ:29.4万人

内藤哲也:19.4万人

飯伏幸太:12.8万人

KENTA:17.8万人

第4位につけている。それくらい拡散力は抜群にある。

 

そしてもう一つはフォロワーの質である。

KENTA選手のフォロワーはNXTファンを多く取り込んでいる。

幾ら拡散されても右から左に流されては意味がない。

日本語圏英語圏どちらにも発信することが出来るKENTA選手は魅力的なのだ。

BulletClub内のコミュニケーションと既存日本人メンバーとのパイプ役

BulletClub内のコミュニケーション既存日本人メンバーとのパイプ役。

ここもKENTA選手の大きな役割になるのではないかと予想している。

下の動画はBulletClub Black partyの時のインタビューだ。

英語で流ちょうに会話することは出来ていない。

 

また逆もしかりだ。

恐らくBulletClubで一番日本語が達者な選手はファレ選手だろうが、英語でのコミュニケーションに務める必要がある。

この辺りKENTA選手が加入することで緩和させるのではないかと期待している。

新たなファン層の拡大BulletClubの侵略、そして新日本プロレスの勢力図がKENTA選手が入ることでどう変わるのか期待したい。

Copyright© NJPW makes life , 2019 All Rights Reserved.