BUSHI IWGPジュニア ウィル・オスプレイ

BUSHIがオスプレイに挑戦をアピール?ジュニアタッグ中に敢えてシングルを要求した理由ってなんだ?

なのとBUSHI選手が現IWGPジュニアヘビー級チャンピオンのウィル・オスプレイ選手に挑戦をアピールをした。

9月、10月と負けに負け東京ドームすら危ぶまれているロスインゴのメンバー。

それもあってか全選手がノーコメントで情報がなく、ファンは寂しい秋を過ごしている。

悪い流れは続き、高橋ヒロム選手に続いてEVIL選手も欠場と季節が冬入る前に前に話題事情は寒々しているのが今のロスインゴ。

一応それぞれがテーマを見つけて動いているが、表面化しているのは内藤選手だけだろうか?

 

そんな中、ついにBUSHI選手が挑戦をアピールしたのだ。

挑戦表明の理由は、名参謀としてメンバーを鼓舞している?

では、どんなコメントを残したのか?

BUSHI「俺はこの『SUPER Jr. TAG LEAGUE』、そしてIWGPジュニアタッグのベルトだけを意識してるわけじゃないんだよ。ウィル・オスプレイ、IWGPジュニアのベルトを懸けて、俺と闘えよ。いい返事、待ってるよ」

出典:新日本プロレス

タッグリーグは休暇だったが、EVIL選手の欠場で休みを返上しての出場となった。

このアピールに対してオスプレイ選手が反応しシングルマッチが組まれればドームの可能性すらある。

両国大会も急遽出場がなくなった矢先、捨てる神あれば拾う神ありとは正にこのことだ。

 

正直言うと近年のBUSHI選手はシングル戦線では思うような結果が出せていない。

BOSJでもSuper J Cupでもオスプレイ選手に勝っているわけではない。むしろ負けている。

そんな中無理やりに挑戦をアピール...

 

ロスインゴの名参謀として、メンバーの士気を高めているようにも見えるのだ。

2冠に向けてノーコメントが続く内藤選手。

IWGPヘビーにあと一歩届かなかったSANADA選手。

飯伏選手に敗れ負傷し欠場中のEVIL選手。

踏み台にしようとしたはずが逆に踏み台にされてしまった鷹木選手。

...

そして最後の長期欠場中で同じジュニアヘビー級の高橋ヒロム選手。

もしかしたらBUSHI選手の挑戦アピールは何か高橋ヒロム復活のための道を作っているのかもしれない。

近年アシスタント役に徹しているBUSHI選手ならあり得る。

3年ぶりの戴冠なるか?

とは言ってもロスインゴの基本理念はここで高め合うわけであっていくものであり、BUSHI選手のシングル戦線復帰となれば期待してしまうことがある。

それはロスインゴとしての立ち位置だ。

去年は前半は高橋ヒロムセンスと後半は鷹木選手とタッグ戦線で活躍しているが、シングルベルトからは長らく遠ざかっている。

created by Rinker
¥560 (2019/11/20 11:49:02時点 Amazon調べ-詳細)

だが、仮にもIWGPジュニアヘビーのベルトを巻いたことがある選手である。

ひょっとするとロスインゴの反撃の狼煙を上げ、それを成就させるのは名参謀のBUSHI選手なのかもしれない。

約3年ぶりとなるIWGPヘビー級選手権試合は果たして組まれるのか?そして試合は反則・介入なしの試合になるのだろうか?

 

Copyright© NJPW makes life , 2019 All Rights Reserved.