News 内藤哲也

新日本プロレスのVR「内藤哲也」を体験した感想。配信方法と値段はいくら?

11.28と11.29の後楽園ホール大会で開かれた新日本プロレスVRの体験会のレポートについて書きたいと思う。

IWGPヘビーとIWGPインターコンチの2冠よりも先に、新日本プロレスのプロレスラーで史上初VRになったわけである。

内藤哲也編の体験版VRのシナリオ

実際の内容はどんなものだったのか?

映像は約3分間でリング上で自分が内藤選手と戦うことになるのだ。

体験版のシナリオは以下になる。

花道を入場

グータッチとアブレ・ラ・オホ

ロックアップすると思いきやしない

ロックアップ

ハンマーパンチ

ロープに降られてアームホイップ

コーナーに詰められた雪崩式フランケンやろうとするが…

トランキーロ、続きは本編で!

2015年~2018年初ぐらいまでの内藤選手のお決まりムーブである。

個人的にはフライング・エルボーアタックコーナーミサイルも見たかったので本編に乗っていること期待する。

出典:デイリースポーツ

気になる配信方法・値段はいくら?

値段だが税込み3,500円で収録内容は以下になるとのこと。

1. 内藤哲也選手とのトーク体験

2. 内藤哲也選手とのリング上体験

3. 内藤哲也選手とのスパーリング体験

~スペシャルVRマッチ~
内藤哲也VSあなた(VRパレハ)

4. 内藤選手マイクアピール

5. 内藤哲也選手からのメッセージ

アソビストア経由でスマートフォンとPCから配信が行われるぞ。

スマートフォンとPCで視聴することが出来るが、VR体験するために以下のVRゴーグルが必要となる。

なお同時に新日本プロレス仕様のVRゴーグルも発売される予定とのことだ。

内藤哲也ファンは買い!だが...

間近に大好きな選手がいるかのように体験できるのだから、内藤ファンは3,500円ということもあり買ってみることをオススメ出来る。

ただ、VR商品として買おうか迷っている人には正直オススメできない。

体験版での花道の入場や試合中の臨場感はそこまでなかった。

それはなぜか?

お客が入っていないリングで戦っていたからである。

撮影には内藤選手、マーティ浅見レフリーしかおらずお客さんが入っていなかった。

VR(バーチャル・リアリティ)ならば実際にお客様に注目された状態で入場し試合をしたいと思うものだが、それがないと一気にチープに感じてしまう

下のようにお客がいる中の入場とガラガラの花道を入場どちらが気持ちいいだろうか?

※ 実際に製品版を楽しんだわけではないので製品版では満員の会場で試合をしているかもしれない。

挑戦的な商品開発は評価されるがプラスアルファの企業努力が欲しくなる。

Copyright© NJPW makes life , 2019 All Rights Reserved.