高橋ヒロム

ヒロムがメキシコで修行?カワトサン接近。DOUKI、中邑真輔、ドラゴン・リーとも接触した?

高橋ヒロム選手が復帰して早いもので1か月。

復帰はしたものの試合はしておらず実質的な復帰はイッテンヨンまでお預け状態が続いているわけだ。

復帰時にヒロム選手が言った、『高橋ヒロム、できんの? ホント?』にはならないと思うが、ファンとしては待ちきれないし少しでも情報が欲しくなるところだ。

情報の生命線になるのは新日本プロレスのオフィシャルスマホサイトの日記になるわけである。

今週はなんと今ヒロム選手がいる場所について言及していた。

今現在ヒロム選手はメキシコでトレーニングを積んでいるとのことだ。

カワトサンにメキシコで接触。

メキシコに飛び立ったヒロム選手の目的はもちろんトレーニングだろう。

生活も練習環境も日本の方が優れているように思えるが、メキシコを選んだことの理由はなんなのだろうか?

これについては後に書かせてもらうとして、ヒロム選手のメキシコでの写真を紹介したいと思う。

まずはインスタグラムにアップされた写真。

次にカワトサンとの2ショット写真。

カワトサンも大きくなっているがヒロム選手も身体が一回り大きくなっていないか?

中邑真輔もメキシコにいるが接触したのか?

なのと中邑真輔選手もメキシコで興行を行っている

そこでなんとDOUKI選手川人選手と接触しているのだ。

4月のMSG大会でも飯伏選手や石森選手とコンタクトを取っている様子がSNS上で公開されていた。

その時は中邑選手「技なにかくれ」とせがんでいたようだが、ヒロム選手と接触したらどのような化学変化が起こるか期待してしまう。

もしかしたらヒロム選手が中邑選手の技を受け継ぐ...なんてこともあるかもしれない。

ヒロム選手といえば、ファイヤーマンズキャリーからの3種の技がある。

中邑選手のランドスライド(ファイヤーマンズキャリーからのみちのくドライバー)を昔使っていただけにこのタイミングで継承なんてあるのだろうか>

中邑選手とヒロム選手が遭遇していたのか?そのあたり次回のヒロム日記の更新を待ちたい。

ドラゴン・リーとの接触はあったのか?

メキシコといえばドラゴン・リー選手である。

CMLLを退団してAAA(メキシコのプロレス団体)に上がっている様子がたびたび目にする。

ドラゴン・リーとルーシュがCMLL解雇で残念。ただ関係者からのエールがエモい。

ドラゴン・リー選手とルーシュ選手がCMLLから解雇が発表された。 しかも何やら穏やかでない様子だ。予め両選手との解雇の話 ...

続きを見る

先日はケニーオメガとAAA世界ヘビー級選手権試合をしたばかりであるため、リー選手とニヤミスしている可能性は高い。

こちらもヒロムとの接触が期待される。

SNS上でもヒロム選手・ドラゴン・リー選手の更新は要チェックだろう。

 

なぜメキシコでトレーニングをするのか?Timebomb以外の新必殺の開発なのか?

では、なぜメキシコでトレーニングをしようとしたのか?

わざわざ長時間の飛行機に乗って生活基盤がないメキシコに行く必要はないように思える。

日記の中でも触れていたがメキシコは日本比べると標高が高いのだ。そのため、酸素が薄いため息切れをおこしやすくなってしまう。

そのため通常の練習では比べ物にならないほど心肺能力をあげるためには適しているのだ。

オスプレイのパワー・スピード・テクニック対策として強靭な体力を手に入れようとしているのではないか?

Timebomb以外の必殺技の開発...実はシンプルに体力を超強化することが新しいヒロムなのかもしれない。

Copyright© NJPW makes life , 2019 All Rights Reserved.