G1Climax

G1 Climax29の出場選手が発表。まさかの落選から新日本プロレスの新時代を感じる

2019年6月16日

G1 Climax29の選手が発表された。

順当と言えば順当の結果である。

私はG1 出場選手を予想すると何時間も使ってしまうし、考えすぎて禿げるため敢えてG1予想はしなかった。

おそらくだが、他のプロレスブログでは「予想が当たった」「外れた」、「誰と誰と試合が楽しみだ」と書いていると思う。

私は違う

※先輩のプロレスブロガーの方々、煽ってすいません。他意はありません。

今回のG1の選出には新日本プロレスリング株式会社の並々ならぬ意思が感じられる。

それはG1のブランド価値を真の意味で「真夏の世界最強決定戦」にしようとする覚悟だ。

鈴木みのる、真壁刀義、YOSHI-HASHIの落選から考える新日本プロレスの世界戦略

鈴木みのる真壁刀義YOSHI-HASHIを落選させた。

これは新日本プロレスの「新規顧客獲得」と「海外マーケットへの進出」なのだろう。

特に鈴木みのる選手、真壁刀義選手のG1落選は、見ている先は海外なんだという新日本プロレスの意思なのだろう。

何を隠そう、鈴木選手、真壁さん選手の知名度抜群だ。

プロレスを観ない人でも二人の存在は知っている。

単刀直入に言おう、「日本の新規ファンよりも、海外の新日本プロレスファン開拓」を優先させたのだ。

また6.25 仙台でザック・セイバー・ジュニア選手とYOSHI-HASHI選手の試合がありつつもYOSHI-HASHI選手落選も考えさせられる。

直前のストーリーラインを無視してまで「海外の新日本プロレスファン開拓」を優先させた。

ダラス大会の会場「アメリカン・エアーライン・センター」の使用料は分からないが、赤字覚悟もしくは赤字が確定しているだろう

それぐらい強い意志をもった、各ブロック10人づつ、AB合わせて20人の選手だと私は感じる。

新日本プロレスリング株式会社には吹く追い風、いや突風が吹いている。

YOH選手の言葉を借りるならば、今新日本プロレスにはいい風が吹いている

タイチの「ヨーちゃん発言」はYOHがトップ戦線に駆け上がるためのカギになる

BOSJ 5.30 、この日解説に入ったタイチ選手の様子がおかしかった。 予兆はあったがこの試合で爆発した。 ムチムチし ...

続きを見る

追い風どころではない、突風が吹いている

一つはモクスリー選手KENTA選手の退団だろう。

ダラスのAmerican Airline Centerを押さえた時には、モクスリー選手、KENTA選手の退団は決まっていなかっただろう。

ただ、ちょうどカード決める段階の時にこの2人が交渉することが出来た

また交渉して参戦の契約をすることが出来たのだ。

これは正にラッキー以外の何物でもない。

 

もう一つの理由は選手人気の細分化が進んでいることだ。

このポスターを見てほしい。今まで新日本プロレスは通称4本柱があった。

ちょっと前だと

  • オカダ・カズチカ
  • ケニー・オメガ
  • 内藤哲也
  • 棚橋弘至

が4本柱だ。

しかし今は違う。

  • オカダ・カズチカ
  • 内藤哲也
  • 飯伏幸太
  • ジェイ・ホワイト
  • 棚橋弘至

5本柱になったのだ。

さらにSANADA選手、EVIL選手、石井選手、タイチ選手と抜群の会場人気。

ジュニアヘビー級では測れないオスプレイ選手、鷹木選手。

そう、既に4本柱という概念は崩れている

この4本柱崩壊は新日本プロレスが狙ってやったことであり、このドル箱興行G1 Climax29に間に合ったのだ。

 

新日本プロレスはG1 Climax29となんとも歯切れの悪い数字で打倒世界に狼煙をあげた

第29回大会でこれってことは。。。新日本プロレスはどこに行ってしまうのだろう。

 

Copyright© NJPW makes life , 2019 All Rights Reserved.