G1Climax

G1 Climaxの遠征費用は?オススメの宿泊先や移動手段を"安く"済ませる方法を紹介

2019年8月17日

G1 Climaxも終わり、G1ロスになっていませんでしょうか?

私はG1ロスです。以下の記事で書いた通り、全日程行きましたがG1ロスです。

G1 Climax29に全試合に行った感想。なぜ全日程行ったのか?

G1 Climax29に全試合に行った感想の記事。 プロレスの考察は一切皆無。 こういうスタンスの記事は自分で書くのも好 ...

続きを見る

想いが強ければ想いが強いほどロスの大きさが大きい。。。まるで恋愛みたい本気の恋愛ほど失恋がつらい。。。

と冗談はこれくらいにして、今日の本題を書きたいと思う。

恋愛の傷は恋愛でしか埋められないのと同様にG1のロスはG1でしか埋められない。

来年、再来年のためにどれ位の費用が掛かるか?オススメの宿泊先予約移動手段を紹介したいと思う。

最後にG1 Climax29の総額を掲載したのでぜひ参考にしてほしい。

まずは”計画”をしっかり立てよう!

まずは遠征の基本中の基本、”計画”をしっかり立てることだ。

長期遠征でかつ行ったことない土地である。

会場はどこか?

会場と最寄り駅との移動手段・移動時間は?

家からの移動にどれくらい時間がかかるのか?

費用はどれくらいか?

書きだしたらキリがないのが現状だ。

遠征でのポイントは以下なのでぜひ参考にしてほしい。

ポイント

  • 会場と最寄り駅の移動手段と移動時間
  • 自宅から会場までの移動時間と費用
  • 宿泊先の予約
  • 滞在中のご飯を食べるところ

上記の4つを押させておけばほぼ困ることはない。

必ずスマホのメモで良いので上の項目は下調べしておこう。

ちなみ主要会場の情報は、「旅するプロレス会場」というブログで紹介されている。

ぜひ参考にしよう!

最優先決定事項は”移動手段”

計画が決まったら、まずは移動手段を確保することだ。

特に飛行機つまり”航空券”や”新幹線の乗車券を早く入手してしまう。

理由は、早く買えば早く買うほど航空券や乗車券は安くなる。

航空券や乗車券は○○日前割を適用することで安く購入することが可能だ。

特に航空券は数万単位で値段が変わるので3か月以上前から予約することオススメする。

私はいつもSkyticketというサイトを使っているの紹介しよう。

このサイトはANAJALLCC(格安航空券)の比較が出来るので、時間毎に最安値の検索が容易に出来るのだ。

安い航空券をゲットするために必須のサイトだ。

Skyticket公式はこちら

宿泊先のポイントは?予約は1つのサイトやアプリで統一するべし

宿泊先はポイントはズバリ駅近くのホテルだ。

最近は民泊も増えてきているが、プロレス観戦にはホテル一択

理由は2つある。

ポイント貯めてどんどん宿泊費を安く抑えることができる。

チェックイン前、チェックアウト後の荷物預かりがホテルにはある。

 

まずはホテルだと宿泊費がどんどん安くなる。

例えば○○グループで統一して泊まると、会員割引があったりポイントで無料宿泊なんかも期待できる。

また民泊には別途○○料金というのがあり、少しずつ積み重なってくる問題がある。

これについては後述。

 

次にチェックイン前、チェックアウト後の荷物預かりだ。

遠征するぐらいのファンならば応援グッズの量も尋常なないことだろう。

Tシャツ

タオル

うちわ

ものくま

などなど上げればキリがない。

なので一旦キャリーケースを預けたくなると思うが、民泊だとチェックイン前チェックアウト後に荷物を預かってくれない。

正確に預かってくれるが、荷物を預かってもらうために追加料金が必要になってくる。

その結果、宿泊費は民泊が安くても追加料金で結局宿泊費が高くつく場合が多いのだ。

必ずホテルで予約しよう。

 

そして最後に宿泊先の予約は必ず1つのサイトアプリで完結して予約しよう。

理由は管理が楽になるのとポイントが優遇されるからだ。

楽天で泊まったり、じゃらんで泊まったりと分けてしまうと、「今日はどこのサイトだっけ?明日はどこのサイトだっけ?」と混乱してしまう。

結果的に2重で予約したり、あれ?今日はどこで予約したっけ?という事態になるのだ。

また同じサイトで予約することでポイントも1つに統合されるため割引適用を受けやすくなる。

私は断然Expediaというサイトがオススメ。

Expediaは日本だけでなく海外のホテル予約もできる点が優れている。

またコールセンターも24時間の動いているので急なハプニングも回避可能だ。

Expedia公式はこちら

移動+宿泊を安く済ませたい人は”高速バス(深夜バス)”

ただ学生さんなどは経済状況的に寂しいところがあると思う。

そんな時に活用できるのが、”高速バス(深夜バス)”だ。

高速バスは価格が非常に安く宿泊費と移動の両方を兼ねている

試合後の深夜24時から大都市を出発して次の日の朝には次の遠征先についているのだ。

値段も大体が10,000円を切る。

普通に宿泊と移動往復そして滞在先の食事を計算すると1泊の遠征で東京-大阪間で40,000円になる。

だが高速バスを使うことで10,000円代に抑えることも可能だ。

※ 東京-大阪を新幹線片道15,000、宿泊費7,000円、食事3000円で計算

どうしても見たいカードがあってお財布が厳しい時は高速バスが選択肢に入る。

私もたまに利用するがポイント還元も出来る高速バスドットコムがオススメ。

高速バスドットコムはこちら

先行チケットは発送連絡にも注意すること!意外な落とし穴とは?

ローチケ、ぴあでチケットを書く人はこの章は読み飛ばしてほしい。

ただ新日本プロレスのファンクラブでチケットを買う人はぜひ注意してほしいことがある。

それは、チケットの受け取りだ。

新日本プロレスからチケットは2週間前ぐらいから発送されるが、長期遠征また出張をしていると郵便のタイミングで受け取れない。

なので新日本プロレスからのチケット発送済みメールは必ずチェックしよう。

仮にチケットの受け取りが出来ない場合は、郵便局に他局への転送依頼をして受け取るようにしよう。

一応当日受け取りも出来るが郵便局の保管期間中への受け取りを推奨している。

万一、保管期限内にお受け取りいただけず、郵便局よりチケットが返送されてきましたら、
ファンクラブより個別にメールでご連絡いたします。
チケットは「当日会場受け取り」の対応となります。チケットのお受け取りは購入者様のみとさせていただきます。
いかなる理由でも購入者様以外の方へはお渡しできませんので、ご注意ください。

参考:新日本プロレス

海外遠征のススメ。安くすませる海外遠征のポイントを紹介

海外遠征については準備中。

少々お待ちください。

長期遠征で持って行った方が良いもの何か?

長期遠征で持って行った方が良いものとはないか?

着替え?

応援グッズ?

それらも重要だ。

しかし絶対に持っていくものが3つある。それは、

現金

クレジットカード

保険証

だ。

地方は現金しか使えませんというお店が多い。

私は普段現金は多く持ち歩かないが現金が必要なことが多々あった。

特にタクシーの乗車だ。

都市圏ではクレジットカードや交通系電子マネーでタクシーを乗ることが出来るが地方は現金でしか乗れないタクシーも多い

次にクレジットカードだ。

出来るだけ現金を使わなくさせるためにクレジットカードは持っていこう。

最後は保険証だ。

急な体調不良で病院に行く場合がある。

市販薬を買うだけならば現金とクレジットカードで事足りるが医者に診てもらうとなると保険証がないと診察料・薬代で高額な請求されてしまう。

また後日に保険証を送ったり保険料の免状の申請をしたり非常に面倒なことになるので必ず保険証は持っている。

G1 Climax29の総額はいくらか?

では気になっているであろうG1 Climax29の総額だ。

総額は802,100円。

今回の総額はチケット代、移動費、宿泊費、滞在費(食事など)の合算である。

以下内訳である。

※ダラスのレートは1ドル110円で換算。

※東京住まいのため東京開催の試合は滞在費は0円で換算。都内移動は電車のため500円で統一。

※宿泊1泊は10,000円で換算。滞在費は食費や雑費の合算は一律5000円で計算。

 

チケットは全て一番良い席を購入希望で出した。

しかし落選し横浜大会と優勝決定戦だけは外れてしまったので若干安くなっての結果だ。

観戦チケットを二階席高速バス安い宿泊先を選ぶことで金額を抑えることは可能だ。

 

これが安いか高いかは本人次第だろう。

私は正直高い!と思ったよ、それは内藤選手が優勝しなかったからだ。

でも内藤選手が優勝していたならば安い買い物になっただろう

Copyright© NJPW makes life , 2019 All Rights Reserved.