News

ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア26の振り替り。もう一度みたい試合をピックアップ

ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア26もAブロック、Bブロック共に公式戦が終わった。

優勝決定戦には、鷹木信悟vsウィル・オスプレイになった。

今年もベストバウト、笑っちゃう試合連発だった。

そんな今年のベスト・オブ・ザ・スーパージュニア26のもう一度見るべき試合を独断と偏見でピックアップさせてもらう。

鷹木信悟vsSHO 5.13 仙台サンプラザホール

まずは鷹木vsSHO。

ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア開始前からお互いにバチバチやりあっており、注目の一戦。

お互いに同じブロックに入れろと会社に要求する熱の入れよう。

驚きなのはこの試合がBOSJ26の初日。しかもセミファイナルというカードだから驚きだ。

内容はいうとこの日のメインを喰ってしまうほどで、メインで戦った石森選手も内容について負けたと認めていた。

その時の記事は↓にあります。

BOSJ26Aブロック初戦、メインを喰った。鷹木vsSHOがヤバ過ぎる。

BOSJ26のAブロック初日からとんでもないカードがセミファイナルで発表された。 それは鷹木vsSHOである。 正直言う ...

続きを見る

試合はこちら

田口隆介vsYOH 5.14 仙台サンプラザホール

5.14 仙台サンプラザホールのメイン。

独自のムーブテクニックを主軸に戦い、引きのプロレスを得意とする二人がどんなプロレスになるのか楽しみだった。

↓の記事で、この試合でYOH選手のライバルについて書いています。

YOH選手に必要なものはライバル?

2日目のBブロックで改めて感じたことがある。 それはYOH選手のライバルの存在だ。 前日の鷹木vsSHOは週刊プロレスの ...

続きを見る

宮城県対決で、どちらが風を吹かせるのか?も見どころの一つだった。

試合はこちら

BUSHIvsDOUKI 5.22 後楽園

お互いにメキシコに対して熱い思いがあり、注目のルチャドール対決。

BUSHI選手のプロレスの上手さとDOUKI選手の技のバリエーションが噛み合った良い試合と言える。

この試合の見どころはDOUKI選手のMXの受けであるので、ぜひ最後注目してほしい。

試合はこちら

金丸義信vsSHO 5.22 後楽園

さすがヒールマスターの一言に尽きる試合。

使えるものは何でも使うと言わんばかりに技ありの勝利だ。

一瞬の油断が出来ないのが金丸という選手。

SHO選手は相当悔しがっていたのも印象的だった。

試合はこちら

エル・ファンタズモvs成田連 5.23 後楽園

この試合は5.23の第一試合で正直全く期待していなかった。

結果は言わずもがなだが、BOSJ26の成田選手の試合で一番良い試合ではなかろうか。

中でも驚いたのが、エル・ファンタズモの懐の深さだ。

成田選手の良さを引き出す試合展開に持っていったのにはさすがと言わざるを得ない。

成田選手もベスト・オブ・ザ・スーパージュニアで確かな手応えを掴んだと思うのでこれからに期待したい。

試合はこちら

田口隆介vsロッキー・ロメロ 5.23 後楽園

監督対決。

この戦いで負けた方が監督降格もあるので絶対に負けられない戦いだ。

ただ序盤はなぜかバスケットボール対決をする謎展開。

噴き出してしまうので電車などの公共の場で観ることはオススメできない

試合はこちら

ドラゴン・リーvsティタン 5.24 後楽園

メキシコのCMELL対決。

いつも戦っていない相手の対戦とは違い、慣れ親しんだ相手の試合で噛み合わないわけがない

私も会場で直接見たが、会場全体はドラゴン・リー選手、ティタン選手をどちらを応援するわけでもなく、

本場メヒコのルチャを存分に楽しめる試合、そして会場雰囲気が印象的だった。

メキシコに行きたくなってくるぞ。

試合はこちら

ロッキー・ロメロvsエル・ファンタズモ 5.24 後楽園

正直、後楽園大会の3連戦をカード観た時にこう思った。

金曜日のメイン微妙じゃね?

だが試合を観てごめんなさいをしなければならない。

ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア26で最長時間戦い、ベビーとヒールのお手本のような試合展開。

個人的にはBOSJ26のベストバウトはこのロッキーvsファンタズモだ。

これぞ新日本プロレス、これぞ後楽園3連戦の締めというエンディングは見ものです。

ロッキーvsエル・ファンタズモの結果は嬉しい大誤算

まず、誤らせてほしい、ごめんなさい。 私は5.24 後楽園大会のチケットを買って、観戦しに行ったのだ。 正直、後楽園大会 ...

続きを見る

試合はこちら

ロビー・イーグルスvsウィル・オスプレイ

二人の思いが交錯する名勝負。

この試合は二人のストーリーを知っていると10倍は楽しめるので是非↓の記事を読んでから試合を観てほしい

ロッキーvsエル・ファンタズモの結果は嬉しい大誤算

まず、誤らせてほしい、ごめんなさい。 私は5.24 後楽園大会のチケットを買って、観戦しに行ったのだ。 正直、後楽園大会 ...

続きを見る

試合はこちら

鷹木信悟vs石森太二

言わずもがなAブロックの公式戦の最終戦

この試合で勝った方が優勝決定戦にコマを進めることが出来る天王山。

ルーツも同じ年齢も同じ新日本プロレスに来たという点でも同じ

前日記者会見でもお互いに意識しあっていた、最重要注目カードだ。

二人のパワーとスピードも見どころだが、2人のプロレスの上手さが際立った試合だった。

それはリング内外でも言えることでBOSJ成功の立役者だろう。

結果はご存知で鷹木選手の勝利。

だがしかし、石森選手にはジュニアをリボーンしてほしい。

石森太二にはジュニアをリボーンしてほしい

ツイッター上ではあまり発言をしない石森選手が感情的な発言をした。 鷹木にだけは負けたくなかった。 俺は平成だろうが令和だ ...

続きを見る

試合はこちら

Copyright© NJPW makes life , 2019 All Rights Reserved.